NEC Direct


サイズ:18cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アラビアンナイト千夜一夜
妻の不貞から 女性不信となった シャフリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては 殺していたのを 止めさようと、大臣の娘シェヘラザードが 自ら王の元に嫁ぎ 彼女は 毎夜、王に興味深い物語を 語りました。
彼女は話が佳境に入った所で 「続きはまた明日」と 打ち切るため、王は次の話が聞きたくてシェヘラザードを 殺すのを思いとどまり、それが二百数十夜続きました。
王は もっと続きの話を 聞きたいがために ついに殺すのを止めさせるという物語。
(また、姉のシェヘラザードの傍らに、妹のドゥンヤザードもおりましたとさ)。

説話は、『アリババと40人の盗賊』『アラジンと魔法のランプ』『船乗りシンドバッドの冒険』等 架空の冒険商人たちをモデルにした人物から、アッバース朝のカリフである ハールーン・アッラシードや、その妃のズバイダのような 実在の人物までが登場し、多彩な物語を繰り広げております。
説話は 様々な地域に起源をもち、中世のイスラム世界が 生き生きと描き出されております。
おそらくは9世紀もしくは10世紀のバグダードで原型がつくられ、徐々に物語がつけ足されてゆき、その物語に多くの病気が登場するにもかかわらず梅毒が登場しないことなどから千夜一夜物語の下限を15世紀から16世紀のカイロで最終的なかたちにまとめられたのではないかと思われる。

やがて ヨーロッパに 千夜一夜 が翻訳されていったものは 二百数十夜の40話でしか ありませんでした。ヨーロッパの人たちは この面白い物語が アラブには 題名通り 千夜一夜 有ったはずで 残りは自分たちに 伝わってきてないと思い それ探しに奔走するのです。
そこに便乗して アラブの人や ヨーロッパの人が こんな話を聞いた こんな写本があったと 千夜一夜を作り上げていったのです。
これが偽本であるのは 多くの写本の はじめの二百数十夜は  ほぼ共通しておりますが 加えられた物語は かなり内容も 順序も違うのから判ります。

これ 何かに似てませんか?
仏典を引き合いに出すのは 不敬かもしれませんが よく似た御話です。
元来 お釈迦様は 仏教を説いておりません。
お釈迦様は 人としての道 中道を説かれました。
仏典は お釈迦様の書かれたものでは ありません。
仏典は 中国に伝わり 如是我聞(我 かくの如く聞けり)で始まります。仏
典は インドで生まれ 中国で訳されたものも 中国で生まれたものも 私は お釈迦様から このように聞いた で始まります。
お釈迦様は 諸行無常 諸法無我(これも如是我聞)を悟られました。
滅あるからこそ 刹那や隠遁を 半可さとりとされ 途中にありて 家舎を離れずと 説かれました。

しかし これでは 凡人は 救われません。小乗仏教で悟りを開いた聖人から 凡人を救う方便として 大乗仏教へと 移行していったのです。
そして密教まで 仏典は 如是我聞です。お釈迦様の 中道は 右へ左へ揺れ動くようですが これ皆 悟った人たちの 衆生救済のための方便です。

日本では 中国から 前飛鳥時代以来 平安時代(最澄・伝教大師 空海・弘法大師 顕密二教の優劣は 理趣釈経の 貸借を巡る 二巨頭の 決裂により 唯我独尊の言い放しになりました。
下世話に 最澄の弟子 泰範に対する男色を嫌った 空海が 泰範を弟子にしてしまった為の確執による離反説もあります。
実のところ 顕教の文章伝授による 理趣釈経の 性交 菩薩の境地 の伝授 なり難く 密教の実践伝授に如かずとの空海に 最澄が完服を嫌ったのが真相かと 思われます。

余談ですが 鎌倉時代 この理趣経を拠所とする 真言立川流という邪淫宗が 世の民を惑わしております。)まで多くの宗派が 一挙に伝来しました。
国津神との戦いの中 蘇我馬子や 厩戸の皇子(後の聖徳太子)たちの勝利により 広まっていきました。
平安・鎌倉の為政者たちの仏教 禅宗は やがて親鸞の 悪人正機説「善人 尚もて往生す 況や悪人をや」歎異抄や 日蓮上人に続き 戸籍・葬式仏教と呼ばれたのち 清沢満之の宗門改革骸骨へと移り やがては 日蓮正宗などへと 流れは変わります。
お釈迦様の中道に 反するかに見えますが みな悟りを開いた聖人様の衆生済度の方便です。如是我聞

『アリババと40人の盗賊』は、イスラム世界に伝わっている物語の一つである。
一般には『アラビアンナイト』(千夜一夜物語)の中の一編として認識されることが多いが、『アラビアンナイト』の原本には収録されていなかった。
18世紀初めにフランスの東洋学者ガランが『千夜一夜物語』の第11巻に入れたことで世界中に知られたが、『千夜一夜物語』の原本の中にも、独立の写本にしても、アラビア語原典が見つからなかった。ガランは、シリア北部アレッポの出身でフランスに滞在していたハンナ・ディヤーブから聞き取り、千夜一夜の翻訳の続きに加えたとしている。
主人公のアリババの「ババ」という言葉は、アラビア語・ペルシャ語で「お父さん」の意である。

『アリババと40人の盗賊』

昔、ペルシャの国に、貧乏だが真面目で働き者のアリババという男がいた。
ある日のこと、アリババがロバを連れて近くの山へ行き、薪を集めていると、40人の盗賊の一団が奪った財宝を洞穴の中に隠しているのを偶然目撃した。
盗賊の頭領が「おいシムシム(胡麻)、お前の門を開けろ!」という呪文を唱えると、洞穴の入口をふさぐ岩の扉が開き、盗賊たちが洞穴の中に入ると自動的に岩の扉が閉まる。
しばらくすると再び岩の扉が開き、盗賊たちが外に出て来た後、扉は再び閉まった。
その一部始終を木の陰に隠れて見ていたアリババは、盗賊たちが立ち去るのを待って自分も洞穴の中に入り、手近な場所に置いてあった金貨の袋をロバの背中に積めるだけ積んで家へ持ち帰った。
かくして大金持ちになったアリババは、このことを妻以外の者には秘密にしていたが、不運にも元から金持ちの兄・カシムに知られてしまった。
強欲でねたみ深い性格のカシムは、金貨を手に入れた経緯と洞穴の扉を開けるための呪文をアリババから無理やり聞き出し、自分も財宝を狙って洞穴に忍び込んだ。
ところが、洞穴の中の財宝に夢中になり過ぎて、扉を再び開ける呪文を忘れてしまい、洞穴から出られなくなったところを、戻って来た盗賊たちに見付かり、カシムはバラバラに切り刻まれて惨殺されてしまった。
カシムがいつまでも帰って来ないのを心配したアリババは、翌日になって洞穴へ向かい、盗賊たちの手でバラバラにされたカシムの死体を発見した。驚いたアリババは、カシムの死体を袋に入れ、ロバの背中に乗せて密かに持ち帰り、カシムの家に仕えていた若くて聡明な女奴隷のモルジアナと相談の末、遠くの町から仕立屋の老人を呼んで、死体を元通りの形に縫い合わせてもらい、表向きはカシムが病死したことにして、内密に葬儀をすませた。
その後はカシムの家と財産もアリババの物になり、アリババはカシムの一人息子を養子にして、この上もなく恵まれた身分の男になった。一方、洞穴の中から金貨の袋と死体が持ち去られたことに気付いた盗賊たちは、死んだ男の他にも仲間がいると考えて、すぐに捜査を始め、死体を縫い合わせた老人を見付けて、情報を聞き出すことに成功した。
そして、老人の協力でアリババの家(元・カシムの家)を見付けた盗賊たちは、頭領が20頭のロバを連れた旅の油商人に変装し、ロバの背中に2つずつ積んである油容器の中に39人の手下たちが隠れ、アリババの家に一夜の宿を求めて泊めてもらう作戦で家の中に入り込み、家の人々が寝静まるのを待ってアリババを殺そうと企てたが、庭に運び込まれた油容器の中身が盗賊たちと気付いたモルジアナは、1つだけ本物の油が入っている容器を探し当てると、急いでその油を台所へ運び込み、大鍋に入れて沸騰させ、煮えたぎった油を全ての容器に注ぎ込んで、中に隠れている盗賊たちを一人残らず殺した。
そうとも知らず夜中に寝床から起き上がり、仕事に取りかかるために手下たちを呼ぼうとした頭領は、容器の中をのぞき込んで手下たちの全滅を知ると、驚いて単身アリババの家から逃げ去った。
しばらくの後、盗賊の頭領は偽名を使って今度は宝石商人になりすまし、カシムの息子が経営する商店の近所に住み着いて、カシムの息子と親しくなり、アリババの家に客人として招かれた。
頭領は服の中に隠し持った短剣でアリババを殺すつもりだったが、またしても客人の正体を見抜いたモルジアナは、余興として客人に舞踊を披露すると言い、彼女も短剣を持って踊りながら隙を見て頭領を刺し殺し、アリババ達に客人の正体を晒した。
かくして40人の盗賊たちは、聡明なモルジアナの機転により全員返り討ちにされた。この功績によって、モルジアナは奴隷の身分から一躍カシムの息子の妻になり、洞穴の中に残っていた莫大な財宝は国中の貧しい人たちに分け与えられて、アリババの家は末永く栄えた。

シンドバッド
『アラジンと魔法のランプ』『船乗りシンドバッドの冒険』等 架空の冒険商人たちをモデルにした人物から、アッバース朝のカリフである ハールーン・アッラシードや、その妃のズバイダのような 実在の人物までが登場し、多彩な物語を繰り広げております。
説話は 様々な地域に起源をもち、中世のイスラム世界が 生き生きと描き出されております。
おそらくは9世紀もしくは10世紀のバグダードで原型がつくられ、徐々に物語がつけ足されてゆき、その物語に多くの病気が登場するにもかかわらず梅毒が登場しないことなどから千夜一夜物語の下限を15世紀から16世紀のカイロで最終的なかたちにまとめられたのではないかと思われる。
やがて ヨーロッパに 千夜一夜 が翻訳されていったものは 二百数十夜の40話でしか ありませんでした。
ヨーロッパの人たちは この面白い物語が アラブには 題名通り 千夜一夜 有ったはずで 残りは自分たちに 伝わってきてないと思い それ探しに奔走するのです。そこに便乗して アラブの人や ヨーロッパの人が こんな話を聞いた こんな写本があったと 千夜一夜を作り上げていったのです。
これが偽本であるのは 多くの写本の はじめの二百数十夜は  ほぼ共通しておりますが 加えられた物語は かなり内容も 順序も違うのから判ります。
NEC Direct価格
スリムデスクトップ Desk Tower
NEC Direct価格
ラインアップ / 機能比較 / 人気のカスタマイズ

ノートパソコン

デスクトップパソコン

お役立ち情報
楽々データ引っ越し
intel
★お買得情報★
アウトレット

お手頃価格でご提供中!






このページのトップへ